山本朋広防衛副大臣は7日、山口県の村岡嗣政知事らと防衛省で会い、米軍岩国基地(同県岩国市)所属の戦闘機部隊の規則違反横行問題について、防衛省が詳細を地元自治体に説明していなかったと認め、陳謝した。「丁寧かつ細部にわたり説明すべきだった。反省している」と述べた。米側に安全対策の徹底を求める考えも示した。

 同席した福田良彦岩国市長は防衛省の地元説明が不十分だと指摘。「不安は大きくなった。的確な情報を速やかに伝えてほしい」と強調した。

 村岡氏は「言語道断の規律違反が行われていた。安全対策を米側に求めてほしい」と要請した。