文部科学省は7日、全国515大学に在籍する約41万人を対象に、勉強時間や大学教育への満足度などを聞く調査を今月25日~12月20日に実施すると発表した。学生目線で大学教育の実態を把握し、改善や国の政策立案につなげる狙い。今回は試行とし、結果を踏まえ全ての大学の学生に対象を拡大する方針。

 主に学部3年生で、6年制の大学は4年生に聞く。大学を通じて学生に協力を依頼。スマートフォンを使って回答できる。講義が工夫されていたかや教員との質疑応答の有無、勉強やサークル活動、就職活動にかける時間、大学教育がどのような点で役立っているかなどを尋ねる。