羽田空港の国内線旅客ターミナルで6日朝に発生した断水は、7日も第2ターミナルビルで飲み水などの供給停止が続いた。空港への給水を国から受託する会社「空港施設」によると、7日中の復旧は難しく、解消は早くても8日になる見通し。ビルでは多くの飲食店が閉店したままだ。国土交通省東京空港事務所によると、運航への影響は出ていない。

 空港施設によると、水質に異常があり給水を停止。第1ターミナルでは6日に給水を再開したが、第2ターミナルでは水質検査の結果がまだ出ておらず、再開まで時間がかかっている。