10月の車名別国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N―BOX」が前年同月比23・1%減の1万5768台で、26カ月連続の首位となった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が7日発表した。

 台風や豪雨などの影響で来店を控える動きが出たほか、新車効果などで好調だった前年の反動で10月は全体的に減少が目立った。消費税増税による買い控えも影響したとみられる。

 N―BOXは充実した安全装備を売りにトップを独走。2位のスズキの軽「スペーシア」は5・2%増の1万2433台と追い上げた。3位はトヨタ自動車の「カローラ」で29・5%増の1万1190台だった。