秋の叙勲のうち、大綬章の親授式が7日、皇居・宮殿で開かれ、今回最高位の桐花大綬章の伊達忠一前参院議長(80)や旭日大綬章の谷垣禎一元財務相(74)ら計10人に、天皇陛下が勲章を手渡された。

 受章者を代表して伊達氏が「これからもわれわれ一同、いろいろな分野において精進を重ねてまいる所存でございます」とあいさつ。陛下は「長年それぞれの務めに励まれ、国や社会のために、また人々のために尽くしてこられたことに深く感謝いたします」とねぎらった。

 10月の即位礼で使われた玉座「高御座」などの解体が終わっていないため、宮殿「竹の間」で開催された。