衆院憲法審査会は7日午前、今国会で初めて実質的な議論を行った。与野党議員同士の討議は2年ぶり。与党筆頭幹事で自民党の新藤義孝氏は「施行時に想定されていなかった社会情勢の変化に対応する規定整備が必要だ」と強調し、憲法改正に向けて積極的に論議するよう主張した。立憲民主党などでつくる会派の階猛氏が、法改正で足りる場合もあるとして「真に憲法改正が必要な時に議論すべきだ」と述べるなど、野党には慎重論が目立った。論議に肯定的な意見もあった。

 この日の開催を機に、憲法審での改憲論議が安倍晋三首相の狙い通りに活性化するかどうかは未知数だ。