東芝は7日、東大大学院と協力するなどして、人工知能(AI)の社内の技術者を2022年度までに、現在の750人から約3倍の2千人に増強すると発表した。AIの技術者は20年度に国内で約4万8千人不足するとの試算もあり、人材の確保を推進する。

 東大大学院と「東芝版AI技術者教育プログラム」を開発し、12月から導入する。最新のAIを学ぶだけでなく、東芝が持つ工場などでのデータなどを生かして実践的な技術の習得を目指す。東芝版AIプログラムで350人を育てるほか、新規採用で200人、別枠の社内教育などで700人を育成する方針だ。