【ニューヨーク共同】米アップルは6日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などの利用者向けにプライバシー保護に関する同社のウェブサイトを刷新した。説明を充実させ、プライバシーの保護姿勢を強調する狙い。AP通信によると、プライバシーの規定に変更はない。

 アップルは、同社製品に内蔵されているブラウザー(閲覧ソフト)「サファリ」や写真アプリなどについて、個人データを保護する機能をウェブサイトで説明。

 サファリは、サイトの閲覧履歴が広告ビジネスなどに活用されるのを防ぐ機能を搭載。写真アプリでは、顔などの検出はクラウド上ではなく端末上で行っているという。