北海道警は6日、旭川市の日本語学校に通うベトナム人留学生の男性2人を法令で認められた時間を超えて働かせたとして、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、同校を経営するタクシー会社「平成ハイヤー」(旭川市)の役員中沢和彦容疑者(59)=東京都港区=ら5人を逮捕した。道警は他にも留学生数人を不法に働かせていたとみて調べる。

 逮捕容疑は今年4月下旬から6月中旬にかけて、留学生2人を旭川市内の弁当工場と苫小牧市内の産業廃棄物処理場で、1週間当たり計28時間を超えて働かせた疑い。

 道警によると、中沢容疑者は産廃処理場の運営会社代表取締役も務めている。