【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は6日、首都アンカラで演説し、過激派組織「イスラム国」(IS)指導者だったバグダディ容疑者=米軍の作戦で自爆し死亡=の妻を拘束したと表明した。氏名など詳細は明かさなかった。

 AP通信によると、容疑者には4人の妻がいたとされる。トルコ当局が容疑者の姉とその夫をシリア北部で拘束したと報じられていたが、エルドアン氏は両者の拘束も確認した。

 米軍は10月26日夜から27日未明にシリア北西部イドリブ県で特殊作戦を行い、バグダディ容疑者は追い詰められて自爆し死亡。ISは同31日に死亡を確認し、後継者名を発表した。