福岡県警は6日、昨年11月に当時1歳の三男に向けてエアガンを数十発発射しけがを負わせたとして、傷害の疑いで同県田川市、自営業常慶雅則容疑者(24)と妻の無職藍容疑者(24)を逮捕した。県警によると、三男は翌12月、肺炎で死亡。児童相談所は、未就学の長男への虐待通告を受けたことがあり、県警は日常的な虐待の有無や死亡の経緯を慎重に捜査する。

 県警によると、2人は「撃ったことはない」と否認している。三男唯雅ちゃんの全身には、撃たれてできたとみられる傷が数十カ所あった。