国際卓球連盟(ITTF)は6日、東京五輪・パラリンピックで使用する卓球台について、リオデジャネイロ五輪・パラリンピックに続いて使用する国内メーカー「三英」が作製したデザインを発表した。

 同社によると、東京と卓球(TableTennis)の頭文字「T」をモチーフにしたデザインで、「MOTIF(モティーフ)」と名付けた。東日本大震災からの復興への願いを込め、東北地方の高品質な木材を使用。リオ大会後に同社製の卓球台を使用するとの認定を受け、デザインや安定性などの改良を重ねてきた。同社は「車いすの選手にも使いやすいように工夫した」としている。(共同)