オーストラリア・サッカー連盟は6日、選手会と4年間の協約を結び、代表の放送権料やスポンサー料などによる収益の約2割を男女の代表に均等に配当すると発表した。協約では男女格差が大きく是正され、女子代表は今後ビジネスクラスでの移動や、充実した指導やサポート体制など男子と同じ待遇を受ける。

 男女格差では今年の女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で優勝した米国が賃金格差の是正などを求めて同国連盟に訴訟を起こした。(共同)