ソフトバンクグループが6日発表した2019年9月中間連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が155億円の赤字(前年同期は1兆4207億円の黒字)に転落した。同期の営業赤字は04年以来、15年ぶり。出資する共有オフィス「ウィーワーク」運営の米ウィーカンパニーが企業価値を大きく落とし、ファンド事業で約5700億円の損失を計上した。海外の先端企業に巨額を投じる戦略に陰りが見え始めた。

 ソフトバンクは経営難に陥るウィーに対して総額約1兆円の支援を実施する計画で、再建が難航すれば損失がさらに拡大する恐れがある。

 孫氏は「判断がまずかったと反省している」と語った。