ソフトバンクから国内フリーエージェント(FA)権を行使した福田秀平外野手(30)が6日、福岡市内でロッテとヤクルトと初交渉した。ロッテの松本尚樹球団本部長は東京都内で取材に応じ「走攻守がそろい、レギュラーを取れるレベルの選手。それに加えて優勝経験もある」と評価した。

 ヤクルトは伊東昭光編成部長が交渉し「年齢層が高くなってきている。福田くんに入ってもらってセンターラインを強化したい」と語った。福田は「違うリーグでも見てくれて、高い評価を頂けてうれしい」と喜んだ。

 福田は内外野を守れる俊足の左打者で、今季は打率2割5分9厘。西武や中日も獲得に乗り出している。