デサントは6日、2020年3月期連結業績予想を下方修正し、売上高を従来の1440億円から9・2%減の1308億円に、純利益を53億円から86・8%減の7億円になるとの見通しを発表した。今年7月以降に激化した日韓関係の悪化による韓国での不買運動が響いた。

 冬物商戦でも苦戦が続くと見込んだ。デサントは売上高の半分程度を韓国市場が占めている。

 これまでの見通しは、売上高が前期比1・1%増の1440億円で純利益が34・4%増の53億円だった。

 同時に発表した19年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比1・3%減の659億円、純利益が3・5%減の22億円だった。