【ロンドン共同】英下院は6日、解散した。12月12日の総選挙に向けて選挙戦が本格スタートする。各種世論調査では与党が大勝の勢いで、野党は苦戦。少数与党を率いるジョンソン首相は、自身が欧州連合(EU)とまとめた離脱案に反対する勢力を抑え、過半数議席の奪還を狙う。

 離脱の命運を有権者に委ねる事実上2度目の「国民投票」との見方も出ており、2016年の国民投票から続く混迷に終止符を打てるかが注目される。

 ジョンソン氏は5日、ツイッターで「国を前進させ、人々にとって重要な課題を果たす」と訴え、支持を呼び掛けた。