【テヘラン共同】イラン原子力庁のカマルバンディ報道官は5日、中部フォルドゥの地下施設でのウラン濃縮再開によって、イラン全体の低濃縮ウラン生産量は1日当たり計6キログラムに増加すると述べた。これは2015年に結ばれた核合意以前の水準に近い値になるとしている。国営メディアが報じた。

 カマルバンディ氏によると、フォルドゥでの濃縮活動は7日午前0時(日本時間7日午前5時半)以降に再開する予定。

 原子力庁によると、フォルドゥの施設での濃縮度は原発燃料並みの5%以下とする方針で、兵器級に近づく20%への引き上げは行わない。