2017年12月、近畿大経済学部2年の登森勇斗さん=当時(20)=がテニスサークルの飲み会で酒を一気飲みした後に死亡した事故で、大阪区検は5日、当時のサークルの学生ら9人を過失致死罪で略式起訴した。一気飲みの事故で刑事責任が問われたのは珍しい。

 大阪府警は今年5月、保護責任者遺棄致死の疑いで12人を書類送検しており、区検は法定刑の軽い過失致死罪を適用。3人は不起訴とした。

 起訴状によると、4人は大阪府東大阪市の飲食店で登森さんの一気飲みを止めず、路上に座らせても反応がなかったのに寝ていると考えて119番せず、翌日に蘇生後脳症で死なせたとしている。