【上海共同】中国の習近平国家主席は5日、「中国国際輸入博覧会」の開幕式の演説で、欧州連合(EU)との投資協定や日中韓自由貿易協定(FTA)に言及し「中国は多国間主義の支持者だ」と訴えた。貿易やハイテク技術を巡って対立が続く米国に直接触れなかった。米国以外の国と関係強化を図りトランプ米政権をけん制する姿勢だ。

 上海で始まった輸入博の開幕式にはフランスのマクロン大統領らを招待し、欧州との友好関係を演出。先進7カ国(G7)の首脳として初めて輸入博に参加したマクロン氏も「単独主義はEUの選択ではない」と表明、中国に同調してみせた。