米軍岩国基地(山口県岩国市)所属の戦闘機部隊で重大事故につながりかねない規則違反が横行していたことについて、福田良彦市長は5日の記者会見で「言語道断で非常に大きな事故になりかねない」と厳しく批判し、基地側に電話で再発防止を求めた。岩国基地司令官は「改善策を確認し、市長への報告も検討する」と応じたという。

 福田市長は、市民の安全を確保するため米軍機の確実な点検や隊員の安全教育の徹底を何度も求めてきたとし「これまで訴えてきたことが浸透していなかったと思わざるを得ない。大きな憤りを感じる」と述べた。

 村岡嗣政知事も河野太郎防衛相に安全対策の徹底を求めるとした。