第32回東京国際映画祭の授賞式が5日、東京・有楽町で開かれ、コンペティション部門の最高賞「東京グランプリ」にデンマーク映画「わたしの叔父さん」(フラレ・ピーダセン監督)が選ばれた。

 「わたしの叔父さん」は、デンマークの農村部で牛を育てながらつましく暮らす若い女性と叔父の姿を通し、人生で大切なことは何かという根源的な問いをユーモアを交えて投げ掛ける作品。

 他の主な受賞者と作品は次の通り。(敬称略)

 審査委員特別賞=「アトランティス」(バレンチン・バシャノビチ監督)▽最優秀監督賞=サイード・ルスタイ「ジャスト 6・5」