JTBとシャープは5日、修学旅行などで京都を訪れる学校向けに、シャープのロボット型携帯端末「ロボホン」を貸し出す旅行プログラムの販売を始めた。主に中学校が対象で、生徒が観光名所を巡ると、ロボホンが位置情報と連動し、歴史や見どころを音声で案内してくれる。

 生徒が楽しみながら歴史や文化、ロボットなどの情報通信技術(ICT)を学べるようにするのが狙いで、5~6人の班ごとにロボホン1台を貸し出す。大きさは約20センチで、京都市内500カ所以上の観光スポットで案内ができ、通信機能やカメラも搭載している。利用料は1台6600円。