放射性物質「アメリシウム241」を許可や届け出なく所持したなどとして、愛知県警守山署は5日、放射線障害防止法違反などの疑いで名古屋市守山区、会社員市川貴紀容疑者(34)を逮捕した。守山署は、化学への強い関心があったとみて詳しい動機や入手経路を調べる。

 原子力規制庁によると、アメリシウムは人工放射性元素で、煙感知器に使われることがある。アルファ線を出し、体内に取り込まれると害が大きいが、紙などでも容易に遮れる。守山署によると、アメリシウムは密封された容器に入っており、周囲で健康被害は確認されていないという。