ソニーと東京都内のタクシー会社などが共同出資する「みんなのタクシー」(東京)は5日、新たにKDDIやNTTドコモなど4社と資本業務提携を結んだと発表した。出資割合などは非公表だが、タクシー会社側が株式の過半数を維持する。さらにJR東日本とは業務提携を結び、決済などの分野を通じてタクシーの配車と鉄道事業の連携を目指す。

 みんなのタクシーは東京都23区など都内の一部で配車サービスを実施しており、今後は営業地域の拡大を検討する。

 5日から一部のタクシー会社の運転手にタブレット端末で顧客が多い地点などを知らせる人工知能(AI)を使った需要予測サービスを開始する。