川崎市で開催されたKAWASAKIしんゆり映画祭が従軍慰安婦をテーマにした映画「主戦場」(ミキ・デザキ監督)を一時上映中止にした問題で、福田紀彦川崎市長は5日の定例記者会見で、市が映画祭の主催団体に上映に関する懸念を伝えたことについて「適切だった」と述べた。

 「主戦場」を巡っては出演者の一部が上映中止を求めて提訴。市から懸念を伝えられた主催団体が中止を決めたが最終日の4日に上映した。

 福田市長は懸念表明の理由を「裁判上どちらかの有利不利になってはいけない」と説明。表現の自由侵害の指摘には「圧力だとは考えていない。内容について言ったことはない」と否定した。