大阪府吹田市の千里山交番で6月、古瀬鈴之佑巡査(27)が包丁で刺され拳銃を奪われた事件で、重傷を負い入院していた古瀬巡査が5日、退院した。今後は週に数回程度通院しながらリハビリを続け、復帰を目指す。

 府警によると、古瀬巡査は生活に支障がない程度まで回復し、リハビリの一環で軽いジョギングをすることも可能だという。

 事件は6月16日に発生し、古瀬巡査は包丁で胸や太もも、腕など7カ所以上を刺されるなどした。胸の傷は肺を貫通して心臓まで達し、一時意識不明となったが、その後回復し、転院先の病院で治療を続けてきた。