【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のメキシコ国境で、トランプ大統領が「国境の壁」として新たに建設した金属フェンスが麻薬組織に破られ、取り締まりを巡るいたちごっこが続いている。米紙ワシントン・ポストが4日までに伝えた。

 トランプ氏は取り換え工事で設置したフェンスについて「実質的に侵入不可能。世界的に通用する安全システムだ」と誇っていた。しかし報道後は「公正を期して言うならば壁がどんなに頑丈でも通り抜けることはできる。だが、すぐ簡単に直す」と発言を修正した。

 ワシントン・ポスト紙は複数の国境警備担当者の話として報じた。