【北京共同】中国の航空各社が10月27日からの冬ダイヤで、日本路線を総計で1週間に1130往復超へ大幅に増やし過去最多となったことが5日、分かった。週千往復を超えたのは初めてで、韓国の航空各社を抜き国別で首位になった。日本政府筋が明らかにした。日中が9月に合意した規制緩和が大きな要因。日中関係改善も追い風に中国人観光客がさらに増えそうだ。

 今年3月にスタートした夏ダイヤに比べ230往復以上増える異例の拡大となった。中国が首位になったのは2009年の夏ダイヤ以来。