福島県相馬市と仙台市は5日、台風19号で甚大な被害が出た宮城県丸森町の災害廃棄物を受け入れると発表した。相馬市は倒木を引き取って木質バイオマス発電所の燃料へのリサイクルにつなげ、仙台市は約3千トンを焼却施設で処理する。

 丸森町は、今回発生する災害廃棄物を1万9千トンと推計。

 相馬市によると、隣接する丸森町の倒木を市内のバイオマス発電関連の事業所に運び洗浄や乾燥などを行い、最終的には岩手県花巻市の発電所に持ち込む計画。

 仙台市は、同市青葉区の廃棄物処理施設に11月から来年3月末まで受け入れる方針だ。