今季限りで楽天を退団する嶋基宏捕手(34)のヤクルトへの移籍が有力になっていることが5日、複数の関係者の話で分かった。楽天から減額制限を超えるダウン提示を受け、退団を申し入れていた。12日の12球団合同トライアウト終了後に契約へ動く。

 嶋は2007年に楽天に入団し、13年には正捕手として球団初の日本一に貢献。今季はけがなどで、57試合の出場にとどまった。今季の推定年俸は1億円で、野球協約の減額制限(1億円以下は25%)を超えるダウン提示を受けたが同意しなかった。ヤクルトは今季、チーム防御率が12球団ワーストの4・78とバッテリーの強化が課題となっている。