東日本大震災をきっかけに制定された「津波防災の日」の5日、各地で津波の防災訓練があり、住民や地元事業所の従業員らが参加した。和歌山県では列車の緊急停止を想定し、小学生らが高台に移動。鹿児島市では立体駐車場への避難で、お年寄りの誘導に不安を訴える声もあった。

 和歌山県広川町では、南海トラフ巨大地震により10メートル超の津波に襲われ、列車が緊急停止したと想定。小学生や住民ら約300人が乗務員の誘導で線路に降り、高台の神社に避難した。

 旧暦の11月5日は、江戸時代の安政南海地震で紀伊半島などが大津波に襲われた日。国連も同じ日を「世界津波の日」と定めている。