【ベルリン共同】ドイツの首都ベルリンで4日、東西冷戦下にドイツ分断の象徴だった「ベルリンの壁」崩壊30年を祝う記念イベントが始まった。壁は1989年11月9日に崩壊し、世界に衝撃を与えた。今後1週間、コンサートや講演など200以上のイベントが行われ、市内は祝賀ムードに包まれる。

 イベントはかつて壁で封鎖され、分断を印象づけたブランデンブルク門など市内の7会場を中心に開かれる。このうちアレクサンダー広場では30年前の11月4日、数十万人の東ドイツ市民が自国の社会主義政権に異を唱える国内最大のデモを行った。