【ニューヨーク共同】週明け4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易協議の進展に対する期待感から前週末からの上げ幅が一時150ドルに達し、取引時間中の最高値を更新した。最高値更新は7月中旬以来、約3カ月半ぶり。

 午前9時35分現在は前週末比140・31ドル高の2万7487・67ドル。

 米中協議の部分合意が月内に署名されるとの見方が強まり、貿易摩擦の懸念が和らいだ。米企業業績が堅調なことも相場を押し上げた。