【バンコク共同】日本や中国、韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)、インドなど16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の首脳会合が4日、バンコク郊外で開かれ、目標としていた年内妥結を断念した。終了後に公表した共同声明では2020年中にRCEP協定への署名を目指す方針を確認したほか、インドを名指しし、同国を巡る「未解決の課題」が年内妥結を見送った理由と説明した。インド当局者はRCEP撤退の可能性に言及した。

 日本からは安倍晋三首相が出席した。