20カ国・地域(G20)国会議長会議が4日、国会内で開催された。各国立法府の代表が公正な貿易や投資の促進などについて議論。保護主義的な政策の自制などを求める共同声明を採択した。会議は2010年に始まり今回が6回目で、日本での開催は初めて。

 共同声明では「多角的な貿易体制が、繁栄や持続可能な開発の促進に重要な役割を果たす」と強調し、保護主義的な措置の自制を求めた。女性の指導的地位への進出を後押しする必要性も確認し、各国議会で取り組むことを盛り込んだ。

 会議には日本を含め17カ国、欧州議会など2機関が参加した。