グーグルやフェイスブックの創業者らが創設し、優れた科学研究に贈る米国の「ブレークスルー賞」の授賞式が3日、カリフォルニア州で開かれ、ブラックホールの輪郭の撮影に初めて成功した国際研究チームにトロフィーが授与された。日本人研究者を含むメンバー347人の共同受賞で、賞金300万ドル(約3億2千万円)を等分する。

 チームを代表し米ハーバード大のシェパード・ドールマン氏は「大変な名誉だ」と語った。

 メンバーの一人、国立天文台水沢VLBI観測所(岩手)の本間希樹所長は式に出席しなかったが、「全員が表彰されたのがうれしい」と話した。他に東北大、広島大も参加している。