【バンコク共同】安倍晋三首相は4日午前(日本時間同日午後)、タイ・バンコク郊外で中国の李克強首相と会談した。来春に予定される中国の習近平国家主席の国賓来日を有意義なものにするため協力していくと確認した。両首相による会談は昨年10月下旬、北京で行われて以来、約1年ぶり。北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議を履行する方針でも一致した。

 両首相は、昨年10月に日中首脳で合意した「日中新時代」の構築に向け、関係改善の方向性を維持する方針も申し合わせた。12月下旬で調整している北京での日中韓3カ国首脳会談についても協議した。