大阪市営の天王寺動物園は4日、市内のイベント会場で3日に行方が分からなくなったワライカワセミ「アキーゴ」を発見し、無事に捕獲したと明らかにした。

 園によると、行方不明となった花博記念公園鶴見緑地(大阪市鶴見区)を捜索していた飼育員が、4日午前7時45分ごろ、付近のマンションのベランダにいるアキーゴを発見。約1時間半後、緑地内に飛んできたところを捕獲した。外傷はなく、同動物園の動物病院で健康状態を確認する。

 イベントでの展示のため3日に鶴見緑地へ運ばれた後、飛び去っていた。止まり木と体をつなぐひもを固定する金具が壊れていたのが原因とみられる。