【バンコク共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)の首脳会議が4日、タイ・バンコク郊外で開かれた。朝鮮半島の非核化問題や、経済・貿易分野での協力などを議論した。

 安倍晋三首相は冒頭、自身の掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向けた連携や、海洋プラスチックごみ対策、貿易分野での協力を呼び掛けた。

 元徴用工問題を巡り日韓関係が冷え込む中、安倍氏と韓国の文在寅大統領が会議で同席した。

 首脳会議の声明案では、朝鮮半島の非核化に向けた韓国や中国、米国の努力を歓迎、関係各国に対話を続けるよう促すとしている。