共産党は4日、第8回中央委員会総会を党本部で開いた。来年1月の党大会決議案を提示し、次期衆院選について「野党連合政権に道を開く」と表明した。志位和夫委員長は党大会で16年ぶりに決定する綱領の改定案を説明し、中国とロシアについて「大国主義・覇権主義」が顕在化し、米国との覇権争いが世界に「有害な影響」をもたらしていると批判した。

 綱領案では中ロを名指しせず「いくつかの大国で強まっている大国主義、覇権主義は世界の平和と進歩への逆流となっている」と非難した。決議案と共に総会最終日の5日に了承される見通し。