2020年東京五輪で韓国と北朝鮮の南北合同チーム結成が合意されていた4競技のうちホッケー女子の五輪予選が3日まで世界各地で行われ、韓国が敗退した。北朝鮮は予選に参加できなかったため、五輪本番で合同チームが結成される可能性はなくなった。

 合意条件は「合同チームとして予選突破」だったため、今回の予選で合同チームを組まなかった時点で実現は困難だった。ただ韓国が出場権を確保した場合、国際オリンピック委員会(IOC)が特例措置で結成を認める余地も残っていた。

 18年平昌冬季五輪のアイスホッケー女子では、出場権のない北朝鮮の選手を韓国チームに参加させる方法をとった。