【パリ共同】30日付のフランス紙フィガロは、同国大手ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社連合が新設を決めた連合の事務局長にルノーの連合事業開発担当幹部のハディ・ザブリット氏が選ばれたと伝えた。

 ザブリット氏は1970年にレバノンで生まれ、同国とフランスの両国籍を所持している。94年にルノーでキャリアを始め、米コンサルティング会社などを経て2018年から現職。

 事務局長は、企業連合の共同事業の調整や進行役を務めるほか、進捗状況などを各社トップに報告する役割を担う。連合は29日にポスト新設を発表し、近く任命するとした。