30日午前10時40分ごろ、奈良県高取町清水谷の国道169号の芦原トンネル内で、コンクリートの壁面がはがれ落ちたと県警から県に連絡があった。落下したコンクリート片の上に乗用車が乗り上げてパンクしたが、運転していた男性にけがはなかった。

 県によると、トンネルは全長770メートル。北側の入り口から約330メートル付近の壁面でコンクリートが縦1・5メートル、横2メートルにわたってはがれ、破片が散乱した。

 トンネルは1965年に完成。2016年の定期点検でひび割れなどが見つかり、近く補修工事を始める予定だったという。