日本テニス協会は30日、東京都港区の明治記念館で選手、指導者の年間表彰を行い、全豪オープン女子シングルスで四大大会2連勝を果たし、アジア勢初の世界ランキング1位となった大坂なおみ(日清食品)が2年連続で年間最優秀選手賞に選ばれた。欠席した大坂は「うれしいし、光栄。来年はより良いプレーをしたい」とビデオメッセージを寄せた。

 年間優秀選手賞には今年の四大大会で全米オープンを除く3大会で8強入りした錦織圭(日清食品)や日比野菜緒(ブラス)青山修子(近藤乳業)佐藤南帆(慶大)が名を連ねた。