北海道函館市の観光名所赤レンガ倉庫前の海上に30日、高さ約20メートルの巨大なクリスマスツリーがお目見えした。飾り付けられた約15万個の発光ダイオード(LED)が観光客らでにぎわう夜の港町を照らした。

 午後6時すぎにカウントダウンが始まり、海上の台船に設置されたツリーが白や赤に点灯。

 ツリーは例年、姉妹都市カナダ・ハリファクス市からモミの木が贈られるが、今年はハリケーンによる被害で調達できず、道産のトドマツが使われた。

 ツリーは12月25日まで毎日夕方に点灯され、花火も打ち上げられる。