サッカーの皇后杯全日本女子選手権は30日、広島広域公園第一球技場などで3回戦3試合が行われ、なでしこ1部勢は浦和とINAC神戸が準々決勝に進んだが、新潟は敗退した。

 浦和は静岡産大磐田に3―0、INAC神戸はC大阪堺に4―0で快勝。新潟は、同2部のちふれAS埼玉に2―2からのPK戦で敗れた。