オリックスの山本由伸投手が30日、大阪市内の球団施設で契約交渉に臨み、5千万円増の年俸9千万円で更改した。3年目の今季は、20試合の登板で8勝6敗、防御率1・95。最優秀防御率のタイトルを獲得した。21歳の右腕投手は「初めて(先発の)ローテーションに入り、どきどきして始まったが、投げ切れてほっとした」と充実感を漂わせた。来季に向けては「もっと質の高い球を投げたい」と語った。

 国際大会「プレミア12」では、中継ぎとして日本代表の優勝に貢献した。東京五輪に対しては「プレミアの前より思いは強くなった」と意欲的だった。(金額は推定)