【ソウル共同】北朝鮮外務省が30日、日本担当副局長名で弾道ミサイル発射を警告する談話を発表した。非核化を巡る米朝交渉が行き詰まる中、米韓に加え、日本に対して態度を硬化。北朝鮮漁船が日本の水産庁取締船と衝突、沈没した事故への対抗措置を検討している可能性もある。

 北朝鮮が28日に発射した「超大型多連装ロケット砲」について、日本は射程や軌道から国連安全保障理事会決議が発射を禁じている弾道ミサイルだと分析。

 ただ、米国や韓国は弾道ミサイルと公式には断定しておらず、副局長談話は「ただ一人安倍(首相)だけがミサイルと言い張って甲高い声を上げている」と非難した。