サッカー女子のアジア・クラブ選手権最終日は30日、韓国の竜仁で行われ、日テレはメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に5―0と快勝し、2勝1分けの勝ち点7で初代女王に輝いた。

 前半8分に田中が先制ゴール。伊藤がPKを決めて2―0で折り返し、後半も田中の2ゴールなどで加点した。

 大会は日本の日テレのほか、韓国、中国、オーストラリアから各1クラブが参加し、総当たりで争った。(共同)